新潟の助成金申請代行は、あおぞら社労士事務所が全力でサポート      お問合せフォーム&Chatworkは24時間受付中

【新潟市】あおぞら社労士事務所の
助成金申請代行サービス


〒953-0041
新潟県新潟市西蒲区巻甲4162-3 第2星武ビル2F

 

0256-78-7390

営業時間 8:30~17:30(定休日:土曜・日曜・祝日)

新着情報

新着情報

2022年2月4日 【「雇用管理制度助成コースの計画届」について】

これまで、活用しやすい助成金の一つとして「人材確保等支援助成金(雇用管理制度助成コース)がありましたが、3月31日でひとまず、休止(廃止?)と発表がありました。

例として、通常の健康診断にがん検診や歯周病検診を受診してもらい、その後、所定の期間に退職者が出なかった場合(ケースによっては離職率を低下させる)に57万円が申請できます。

実質的には、廃止と考えられますので、「健康づくりコース」などを検討されていた会社様は、3月31日までに計画届を提出期限ですので、ご注意ください。

新着情報

2021年10月8日 【業務改善助成金について】

業務改善助成金は、会社の最も低い賃金(事業場内最低賃金)の引き上げを行い、設備投資を行うとその設備投資などにかかった費用の一部が(20万円~600万円)が受給できます。 

<受給の条件>

・生産性向上のための設備投資などを行う

・事業場内最低賃金を一定額以上引き上げる

その他にも要件がありますが、以下のような生産性向上のための設備投資などが考えられます。

<事例>

・POSレジシステムの導入による在庫管理の短縮

・リフト付き特殊車両の導入による送迎時間の短縮

・顧客・在庫・帳票システムの導入による業務効率化

新着情報

2021511日 【定年引上げの助成金について】 

今年の41日から、70歳までの雇用が努力義務になりました。 

これに伴い、65歳超雇用推進助成金が一部改正され、活用しやすくなりました。 

例えば70歳に定年を引き上げた場合、120万円支給されます。 

主な要件として・・

定年前から雇用している60歳以上の従業員が1年以上勤務している。

旧就業規則の定年が60歳以上に整備されている。

雇用保険に加入している。 

・・などの要件があります。今回は、金額が大きいですので、ぜひ検討したいものです。

※9月24日追記

この助成金は、予算の関係で、今年度分は9月24日で受付が終了しました。

新着情報

202141日  【キャリアアップ助成金の改正について】 

4月よりキャリアアップ助成金(正社員転換コース)が改正されました。 

3月までは、転換前6か月の賃金と転換後の6か月の賃金との比較について5%以上のアップが必要でしたが、3%以上のアップに引き下げられました。 

これまでは、20万円の契約社員が、正社員転換へする際に21万円へアップすることが必要でしたが、20.6万円でも可能になりました。 

正社員転換(有期契約→正社員)だけでなく、有期契約のパートタイマーを無期契約のパートへ転換し、時給を3%アップするケースでも活用できますので、従業員の待遇改善に検討されてもよいかもしれません。

新着情報

2021318日 【男性が育児休業を取得するだけで57万円もらえる話】

厚生労働省は、会社が男性の育児休業取得を目指す職場環境を整備し、実際に5日以上の育児休業を取得した場合、会社へ57万円の助成金を支給する制度を設けています。両立支援助成金です。

ちなみに公休日が1日含まれているケースでも可能なので、「日曜日から木曜日」までのパターンでもOKです。

男性の育児休業は、少し前までは、とても取得できるような状況になく、非現実的でした。

しかし、現在はだいぶ世の中が変わりました。

会社としては、助成金がもらえて、さらに男性従業員さんにも喜ばれる話ですので、検討する価値は十分にありそうです。

新着情報

2021118日 【人事評価改善等助成コースの制度整備助成が廃止へ】 

雇用保険の助成金で、令和3年度より、人材確保等支援助成金(人事評価改善等助成コース「制度整備助成」が、廃止されるもようです。 

この助成金は、賃金2%アップ後に制度助成として50万円」3年後にその他の要件も満たせば、目標達成として80万円」が支給されていました。

完全に廃止されるようではなさそうですが、賃金を2%アップし、制度を導入しただけでは50万円」受給できなくなります。 

従業員が1名でもいれば、申請できるので活用しやすい助成金です。

申請予定の企業は、3月中に計画認定申請しておくといいと思います。

新着情報

2020年12月24日 【雇用調整助成金の特例期間がさらに延長!】 

厚生労働省は、コロナウィルスの影響で売上減少に伴い、従業員を休業させる場合に活用できる「雇用調整助成金」について、緊急対応期間をさらに延長し、2月28日まで延長することになりました。

解雇せずに雇用を維持している中小企業の休業に対する助成率は、10/10となっています。

新着情報

20201019日 【特別休暇の創設で助成金】 

新型コロナウイルス感染症対策の1つとして、病気休暇制度や、子供の休校・休園に関する特別休暇制度を創設することで、受給できる助成金があります。 

「通称 勤務間インターバル助成金」と同じように労働能率の増進に資する設備・機器等の導入・更新などに活用できます。 

「最新の設備や機器を購入し、特別休暇の取得をしやすくする」というものです。 

最大50万円(費用の80%)受給できますので、病気休暇を就業規則に規定化して、新しい設備の導入を検討してみてもいいかもしれません。 

厚生労働省のページ 

新着情報

2020年10月13日  【勤務間インターバル助成金について】 

勤務間インターバル助成金(働き方改革推進支援助成金)をご存じでしょうか?

この助成金は、勤務終了後から次の勤務までに、一定時間以上の間隔をあけ、「休息時間」を設けることで、従業員の生活時間や睡眠時間を確保して、過重労働の防止を図ることで、助成金が申請できます。 

例えば、11時間の勤務間インターバルを設けると最大100万円(費用の80%)が受給されますので、金額的には魅力的な助成金と言えます。 

具体的には、労働時間短縮につながる備品・設備の購入し就業規則に明記します。(お店のPOS装置、自動車修理業の自動車リフト、運送業の洗車機などが間あげられます。) 

一例として、今まで手作業でやっていたものを機械化したり、高性能な最新機種の購入することに活用できますので、幅広い業種で活用可能な助成金と言えます。

新着情報

2020年10月1日 【雇用調整助成金が延長へ】

厚生労働省は、コロナウィルスの影響で売上減少に伴い、従業員を休業させる場合に活用できる「雇用調整助成金」について、9月30日までの緊急対応期間を12月31日まで延長することになりました。

解雇せずに雇用を維持している中小企業の休業に対する助成率は、10/10となっています。

ご依頼される場合は、当事務所へお気軽にご連絡下さい。

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
0256-78-7390
受付時間
8:30~17:30
定休日
土曜・日曜・祝日
お問合せ・ご相談フォームへ

お気軽にお問合せ下さい

初回相談無料

お電話でのお問合せ・ご相談

0256-78-7390

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

事務所紹介

住所

〒953-0041
新潟県新潟市西蒲区巻甲4162-3 第2星武ビル2F

営業時間

8:30~17:30
フォームでのお問合せは24時間受け付けております。

定休日

土曜・日曜・祝日